Home » 国際的信用格付け機関の動き
目次
  • 要旨
  • お断り
  • ムーディーズ、2022年にかけてESG評価
  • S&P、2021年5月に格付けへのESG反映基準を公表
  • 参考URL
要旨

世界でトップシェアを誇る信用格付け会社2社が信用格付けにESGの評価を取り入れることを決めました。S&Pは2021年5月に宣言をし、順次セクターごとに導入を始めています。ムーディーズに関しては、2022年からの格付けに反映させることを宣言しています。

お断り

ムーディーズ
世界2大格付け機関の一つ。世界各国の各国の企業や公共債の格付けを行なっており、世界シェアはトップの40%近くに上ります。

S&P
世界2大格付け機関の一つ。アメリカの代表的な株価指数であるS&P500を算出している機関でもあります。

ムーディーズ、2022年にかけてESG評価

ムーディーズは、ESGを含む全ての信用評価要因を信用力評価に反映させます。具体的な格付け方法としては、物理的気候リスク等の環境分野、責任ある製造等の社会分野、組織構造等のガバナンス分野を各セクター用のスコアカードを用いて評価し、その総合値としてESGクレジット・インパクト・スコア(CIS)を算出します。(下図の通り) CISは1から5までの5段階となっており、影響がプラスであれば1、マイナスなら順次2~5の値が充てられます。現時点で出ている評価を見る限り、鉱業関連会社の評価は軒並み3以上となっており、信用スコアに対してネガティブな影響が予想されています。

Moody’s (2021) 『環境・社会・ガバナンスリスク評価の一般原則』より

S&P、2021年5月に格付けへのESG反映基準を公表

S&Pは2021年5月、ESGによる信用評価要因を格付けに組み込む際の基準を公表しました。その基準に基づき、年内中にはまだ基準が定まっていない金融を除く、全業種の評価を公開する見通しとなっています。格付けの方法は以下の通りとなっています。(下図参照) まず、観測可能なESGリスクと機会に対する企業の曝露を評価し、またその企業がどのようにリスクを緩和し、機会を活用しているかを含めてESGプロフィールを作成します。次に、企業の長期的な準備状況(長期的な時間軸で想定しうる大きなリスクを予想し、それに適応する能力)を評価します。以上2点を総合して、ESGエバリュエーションを算定しています。

S&P (2021) 『ESGエバリュエーションの分析アプローチ』より

参考URL

日本経済新聞(2021/11/18)『ESGを「見える化」 格付けに反映、資金コスト上昇も』https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD1247P0S1A011C2000000/?unlock=1

Moody’s (2021) 『環境・社会・ガバナンスリスク評価の一般原則』https://www.moodys.com/sites/products/ProductAttachments/MoodysJapan/1243448.pdf

S&P (2021) 『ESGエバリュエーションの分析アプローチ』https://disclosure.spglobal.com/ratings/jp/regulatory/delegate/getPDF?articleId=2658426&type=COMMENTS&subType=REGULATORY

記:江波 太

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • TCFDとは?対応の重要性から対応ステップまで解説
    TCFDとは? TCFDとは TCFDとは、2015年4月、気候関連の情報開示のガイダンス作成を目的に、G20の金融部門である金融安定理事会によって設立されたTask Force on Climate-related F […]
  • 東証再編における課題はTCFD対応(日経ESG調査)
    要旨 2021年12月10日に日経ESGは、東証再編の対象となる948社(全対象は3715社)の再編に関する意向やESGの取り組みの課題を聞いた緊急調査結果を公表しました。2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス […]
  • トヨタ自動車の脱炭素系譜(2030年350万台目標に至るまで)
    要旨 2021年12月2日にトヨタ自動車は、欧州向けの新車は2035年以降全てゼロエミッション車(ZEV)にすると発表しました。ゼロエミッション車はEVだけではなく、水素自動車等も当てはまります。ただ、当初の目標であった […]
  • JPXがTCFD賛同企業のTCFD開示状況の調査結果を公表
    要旨 2021年11月30日に、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、「TCFD提言に沿った情報開示の実態調査」を公表しました。プライム市場への上場の要件でTCFD提言に沿った開示が求められる中、開示に難航している企業 […]
  • PCAF
    PCAFとは PCAFとは、投融資カーボンフットプリント算出基準策定機関(Partnership for Carbon Accounting Financials)、及びこの機関によって策定された情報開示の枠組みの略称。 […]