目次
  • キャップ・アンド・トレードとは
キャップ・アンド・トレードとは

キャップ・アンド・トレード方式とは、温室効果ガスであるCO2の排出量取引制度の一つで、

企業や事業に対して、CO2排出量の上限(キャップ)を設定し、余剰排出量や不足排出量を売買する仕組みのことを指します。

この制度下では、自社のCO2排出量を排出量の上限(キャップ)枠に納められない企業は、他の企業からCO2排出量枠を購入することになります。逆に、自社のCO2排出量を排出量の上限(キャップ)枠に納め枠が余った企業は、他の企業にCO2排出量枠を売る事が出来ます。

ここで重要なのは、この仕組みが企業のCO2排出量削減するインセンティブとなっている点です。企業のサステナビリティな行動へのインセンティブを、国が制度を通じて上手く作っているものになっています。

この制度の問題点としては、どの企業にどの程度の上限(キャップ)を設定するのが妥当なのかを判断するのが非常に難しい等、設計上の論点が多いという点です。

また、国が排出量取引制度を設計する際、他国との調整が重要になってきます。自国で排出量取引制度を独自に強化した場合、帰省の緩い国や地域の輸入品に国内市場が脅かされる、規制の緩い国や地域に生産が移転し国内生産が減少する等が起き、結果として自国の経済成長が遅れ、国際競争上不利になる可能性があります。

そのため、「炭素国境調整メカニズム」への関心が高まっています。



リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • 有報における気候開示が義務化へ 現在の議論を整理
    2022年3月、金融庁は、2023年度より有価証券報告書における気候変動開示を義務化する方向で検討していることを発表しました。この記事では、有価証券報告書におけるTCFD開示の動向を、2022年3月24日の第7回 金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループの事務局説明資料と議事録をもとに当社が解釈した内容をお伝えします。
  • CDSB
    SASB(Sustainability Accounting Standards Board:サステナビリティ 会計基準審議会スタンダード)とは、将来的な財務インパクトが高いと想定されるESG要素に関する開示基準を設定している非営利団体です。
  • NZAO
    SASB(Sustainability Accounting Standards Board:サステナビリティ 会計基準審議会スタンダード)とは、将来的な財務インパクトが高いと想定されるESG要素に関する開示基準を設定している非営利団体です。
  • アジアに進出する日系企業の6割が脱炭素への取り組み
    脱炭素への取り組みが、アジア・オセアニア地域に進出する日系企業で広がっています。 独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO:Japan External Trade Organization。以下、JETRO。)が20 […]
  • ESG関連の投資信託の数が数年で倍増 金融庁調査
    ESG関連の投資信託(以下、ESG投信)の新規設定本数が、過去数年で倍増していることがわかりました。 2022年4月公表の金融庁の資料によると、ESG投信の新規設定本数は、2017年時点では6本だった一方、2020年に4 […]