Last Updated on 2022年6月18日 by 西家 光一

脱炭素への取り組みが、アジア・オセアニア地域に進出する日系企業で広がっています。

独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO:Japan External Trade Organization。以下、JETRO。)が2021年度にまとめた調査によると、アジア・オセアニア地域に進出する全ての企業のうち、61.8%が脱炭素化に取り組んでいる、または、今後取り組む予定と回答しました。

昨今の環境意識の高まりを受けて、ほぼ全ての国や地域で5割を超える結果となりました。

国別で見ると、国の気候変動対策に従い、取り組みを進めている企業が多いパキスタンが首位となり、投資家や消費者からの取り組みへの要望が多いオーストラリアが2位となりました。 

具体的な取り組み内容を見ると、「省エネ・省資源化」が60.7%と最多で、33.6%の「再エネ・新エネ電力の調達」が2位に続きました。



【参考文献】
[1]日本経済新聞(2022年4月16日)「脱炭素、日系企業6割対応」URL:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60059350V10C22A4TEZ000/
[2]JETRO(2022年)「2021年度 日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査(2022年2月)」URL:https://www.jetro.go.jp/world/reports/2022/01/12f5036312ce9e76.html

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • 気候関連対策一覧:炭素税・排出権取引からバッテリー規制まで欧州中心に各種規制・政策を解説
    Last Updated on 2024年7月17日 by Moe Yamazaki 【気候変動関連用語がまるわかり!用語集はこちら】 気候変動に対する目標が定められるにつれ、炭素税や排出権取引などの規制や政策が各国で次 […]
  • 用語集-Glossary-
    Last Updated on 2024年7月12日 by Moe Yamazaki 気候変動への対応に取り組むサステナビリティ推進担当者の皆様、ますます複雑化する環境問題に対処するためには、正確かつ専門的な知識が求めら […]
  • CCS・CCU・CCUSとは?CO2回収貯留利用技術の仕組みを解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 地球温暖化対策の一環として、CO2の排出削減が喫緊の課題となっています。 その中でも注目を集めているのが、CO2を大気中に放出すること […]
  • 削減貢献量:開示ポイントを解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 自社のCO2削減努力のアピール手法として、「削減貢献量」の算定が注目を集めています。 本記事では、削減貢献量の開示ポイントと9つの開示 […]
  • 削減貢献量:算定方法を徹底解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 自社のCO2削減努力のアピール手法として、「削減貢献量」の算定が注目を集めています。 本記事では、削減貢献量の算定ポイントをステップを […]

Author