Home » 金融庁 ESG投資で監督指針を策定 ESGウォッシュ防止の狙い

金融庁は、2022年度内にESG投資の信頼性確保に向けた監督方針の策定を検討する旨を公表しました。6月7日に閣議決定した「新しい資本主義」実行計画のフォローアップ文書や、同10日のサステナブルファイナンス有識者会議に提示した報告書案にて明らかになりました。背景には、環境配慮を謳いながらも実態が伴わないESGウォッシュに対処する狙いがあります。

金融庁は、国内の運用会社で急増しているESG投信の取り扱いについて、資産運用会社のうち3割で専門部署がないことなどに触れ、ESGウォッシュへの問題意識を既に明確にしていました。

今回政府が閣議決定した「新しい資本主義」実行計画のフォローアップ文書[2]やサステナブルファイナンス有識者会議[3]に提示した報告書に運用会社の監督指針改正を盛り込むことで、運用プロセスの明確化や開示の充実、顧客への丁寧な説明に繋がるとしています。

今年5月にはドイツ銀行がESGウォッシュを巡る疑いを受け、同資産運用部門のCEOの退任が公表される事態になっており、ESGウォッシュは世界的な課題として受け止められています。

【参考】
[1]Bloomberg(2022)「金融庁、ESG投資で監督指針を策定へ-「新資本主義」関連文書」https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-07/RD282UDWX2Q401

[2]金融庁(2022)「フォローアップ」https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/pdf/fu2022.pdf

[3]金融庁(2022)「金融庁サステナブルファイナンス有識者会議報告書持続可能な(案) 社会を支える金融システムの構築に向けて」https://www.fsa.go.jp/singi/sustainable_finance/siryou/20220610/03.pdf

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • 環境省 NDC46%削減目標の進捗を発表
    環境省は17日、2030年度目標である「温室効果ガス排出量を2013年比で46%削減」の2020年度時点での進捗状況について発表しました。 温室効果ガスの排出量に関しては、削減対策によって2013年度比で2.6億トン減少 […]
  • 米SEC ESG投資信託の実態調査を開始
    米証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの運用するESG関連ファンドの実態についての調査を開始しました。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WJS)が6月10日、関係者の話として報じました。 SECは法執行 […]
  • TCFD開示のシナリオ分析における「世界観整理」とは?基本の考え方から開示例まで解説!〈シナリオ分析解説シリーズ〉 Part2
    既にTCFD対応を始めている企業様におかれましては、TCFD4要素の一つである「戦略」のうちのシナリオ分析に取り組まれていることと思います。そのプロセスでは、「世界観の整理」を行うことは外部からの評価においてとても重要です。今回の記事では〈シナリオ分析解説シリーズ〉のPart2として、TCFDのおさらいをした後、TCFDにおける「世界観整理」の基本的な解説と、企業のHP開示をもとに世界観整理の例を紹介します。
  • シナリオ分析とは?実践方法をわかりやすく解説
    TCFD提言対応で求められるシナリオ分析。シナリオ分析はTCFD提言対応の中でも特に労力がかかる箇所であり、取り組むうえで課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。 本記事では、そんなシナリオ分析について、具体的な […]
  • 経団連 インパクト投資促進に向けて指標例84項目を公表
    経団連は2022年6月、84項目のインパクト指標例を公表しました。これはインパクト指標を活用し、パーパス起点の対話を促進することを狙って発表された報告書「“インパクト指標”を活用し、パーパス起点の対話を促進する」内に記載 […]