Last Updated on 2022年6月18日 by 西家 光一

脱炭素社会に向けて地方自治体の動きが活発に

政府が目指す脱炭素社会に向けて、2050年までにCO2を排出実質ゼロにすることを目指す地方自治体が増えています。

共同通信が3月19日に発表した資料によると、42都道府県が22年度当初予算案に新しく脱炭素事業を盛り込みました。

新しい脱炭素事業の中でも、住宅や公共施設の省エネ化、電気自動車の普及を目指す事業が多くを占めています。

長野県では、環境性能の高い住宅の新築に最大150万円、リフォームでは最大で100万円を補助します。補助の基準には、薪ストーブや太陽光発電の設備を備えることなどが含まれます。

また、福岡県では既存住宅での断熱性能を高める改修に最大120万円を補助します。

他にも、新潟県では県庁舎などに蓄電池や太陽光発電施設を設置し、千葉県や鳥取県、島根県などは、庁舎や公立学校の照明をLEDに切り替えます。

【参考】
河北新報(2022年3月19日)「脱炭素、42都道府県が新事業 住宅の省エネやEV普及」
https://kahoku.news/articles/knp2022031901000918.html

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • 気候関連対策一覧:炭素税・排出権取引からバッテリー規制まで欧州中心に各種規制・政策を解説
    Last Updated on 2024年7月17日 by Moe Yamazaki 【気候変動関連用語がまるわかり!用語集はこちら】 気候変動に対する目標が定められるにつれ、炭素税や排出権取引などの規制や政策が各国で次 […]
  • 用語集-Glossary-
    Last Updated on 2024年7月12日 by Moe Yamazaki 気候変動への対応に取り組むサステナビリティ推進担当者の皆様、ますます複雑化する環境問題に対処するためには、正確かつ専門的な知識が求めら […]
  • CCS・CCU・CCUSとは?CO2回収貯留利用技術の仕組みを解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 地球温暖化対策の一環として、CO2の排出削減が喫緊の課題となっています。 その中でも注目を集めているのが、CO2を大気中に放出すること […]
  • 削減貢献量:開示ポイントを解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 自社のCO2削減努力のアピール手法として、「削減貢献量」の算定が注目を集めています。 本記事では、削減貢献量の開示ポイントと9つの開示 […]
  • 削減貢献量:算定方法を徹底解説
    Last Updated on 2024年6月24日 by Moe Yamazaki 自社のCO2削減努力のアピール手法として、「削減貢献量」の算定が注目を集めています。 本記事では、削減貢献量の算定ポイントをステップを […]

Author