Last Updated on 2022年6月18日 by 西家 光一

バングラデシュとの二国間クレジット制度が実現

3月28日に環境省が発表した記事によると、日本とバングラデシュ人民共和国との間で実施されている二国間クレジット制度(JCM:Joint Crediting Mechanism。以下、JCM。)の合同委員会において、初となるクレジットの発行が決定されました。

今回発行が決定されたクレジットの量は合計499トンであり、日本政府として、そのうちの251トンのクレジットを獲得しました。

内訳としては、「衣料品タグ工場における省エネ型ターボ冷凍機を利用した空調の効率化」のうち73トン、「ファスナー製造工場への太陽光・ディーゼルハイブリッド発電システムの導入」のうち178トンを日本政府が獲得しました。

環境省は、今後も優れた脱炭素技術等による世界全体の温室効果ガスの排出削減を実現するため、JCMをより一層推進していく方針です。

JCMは、途上国等への優れた脱炭素技術、製品、システム、サービス、インフラの普及や緩和活動の実施を加速させ、実現したGHG排出削減や吸収への日本の貢献を定量的に評価し、日本の削減目標の達成に活用するものです。
これにより2030年度までに官民連携で累積1億t-CO2程度の排出削減・吸収量を目指します。

現時点では、インドネシア、エチオピア、カンボジア、ケニア、コスタリカ、サウジアラビア、タイ、チリ、パラオ、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、メキシコ、モルディブ、モンゴル、及びラオスの17か国がパートナー国です。


【参考】
環境庁(2022年3月31日)「日本とバングラデシュの間で二国間クレジット制度(JCM)のクレジットが初めて発行決定されました」URL:https://www.env.go.jp/press/110810.html

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。

  • Scope1,2,3に次ぐ、Scope4とは?経緯から解説
    Last Updated on 2024年5月17日 by Yuma Yasui 本コラムでは、2023年のWBCSDによるガイダンスによって注目されているScope4について、経緯や重要性を解説していきます。 GHG排 […]
  • SBT FLAGとは?概要や取得事例を紹介
    Last Updated on 2024年5月17日 by Yuma Yasui 最近SBT FLAGという用語が、気候変動対策において日本でも注目をあびるようになってきましたが、どのような指標なのでしょうか。 SBT( […]
  • 【ESG格付け】徹底解説
    Last Updated on 2024年5月3日 by Yuma Yasui 企業の脱炭素経営を積極的に進めるサステナ担当者の方の中には、 「ESGの格付けについて詳しく知りたい。」「ESGの格付けがどのような手法で評 […]
  • CDP2024回答にどう備えるべきか?スコアアップのポイントを解説
    Last Updated on 2024年5月3日 by Yuma Yasui CDPは世界各国で活動する環境関連情報開示プラットフォームを運営する組織の一つで、彼らが毎年ヒアリングの上で発行するレポートは各企業や政府機 […]
  • SBT 短期目標の取得ポイントは?基準について詳しく解説
    Last Updated on 2024年4月27日 by Yuma Yasui 企業の脱炭素経営を積極的に進めるサステナ担当者の方の中には、 「SBTの短期目標とは何か知りたい」「SBTの短期目標設定の際に使用する資料 […]

Author