環境省 排出源単位の新版公表 スコープ算定に影響

環境省は14日、令和2年度の電気事業者ごとの基礎排出係数及び調整後排出係数を修正した新しい基準を公表しました。

今回の変更は、令和2年度、3年度に新規参入した電気事業者や、令和3年度の電力メニューに応じた排出係数の追加に依るものです。

この排出係数は、スコープ2の算定に使用します。スコープ2とは自社において他社から供給された電気、熱、蒸気を使用した事による間接排出の温室効果ガスの排出量です。

基本排出係数は、電気事業者が供給した電力を作る際に必要とした燃料の消費に伴う排出の係数で、調整後排出係数は電気事業者が調達した非化石証書等の環境価値による調整を行った際の排出係数を指します。

スコープ2算定の際の電気事業者ごとの排出係数は環境省のHPに掲載されています。詳しくは環境省の「電気事業者別排出係数関連ページ」をご覧ください。

リクロマ株式会社<br>
リクロマ株式会社

当社は「気候変動時代に求められる情報を提供することで社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

カーボンニュートラルやネットゼロ、TCFDと言った気候変動に関わる課題を抱える法人に対し、「社内勉強会」「コンサルティング」「気候変動の実働面のオペレーション支援/代行」を提供しています。